Ta.aoblog

国内・海外問わず幅広い層の方に役立つ旅行ブログ

【2020年版】北海道ダントツの知名度と人気を誇る名湯・登別温泉をご紹介!

北海道・登別温泉の人気の宿から周辺の観光スポットやグルメ、アクセスを徹底ガイドしていきます!

f:id:aoblogceo:20200413183733j:image

北海道・登別市にある登別温泉は、安政5年に開湯したと言われるとても歴史ある温泉地です。古くから疲労回復や美容に効果がある温泉地と知られており、さらに温泉だけではなく、周辺には名所・地獄谷などの多くの観光スポットが存在し、これまでたくさんの観光客を楽しませてきました。

そして登別温泉は9種類の泉質が楽しめることから「温泉のデパート」と呼ばれており、効能も非常に豊富な温泉です。

今回は歴史のある北海道・登別温泉を紹介していきます。

 

 

 

 

 

  

1.登別温泉の泉質・効能   

泉質

硫黄泉、食塩泉、明ばん泉、硫酸塩泉、鉄泉、緑ばん泉、酸性鉄泉、重曹泉、ラジウム泉の9種類。

 

効能

糖尿病、高血圧、神経痛、冷え症、アトピー皮膚炎、貧血症、火傷、リウマチなど

 

2.登別温泉へのアクセス   

飛行機でのアクセス

・東京(羽田空港)から新千歳空港まで約1時間40分、新千歳空港から登別温泉まで道南バスで約1時間の合計約2時間40分

 

・大阪(関西空港)から新千歳空港まで約2時間、新千歳空港から登別温泉まで道南バスで約1時間の合計約3時間

 

電車でのアクセス

札幌駅から登別駅までJRの特急電車で約1時間15分、登別駅から道南バスで約15分

 

バスでのアクセス

札幌駅から登別温泉ターミナルまで約1時間40分(道南バス利用)

新千歳空港から登別温泉ターミナルまで約1時間15分(道南バス利用)

(どちらも苫小牧で乗り換えが必要)

 

自動車でのアクセス

札幌から登別東ICを経由して約1時間15分

 

3.登別温泉で人気の宿5選   

第一滝本館

f:id:aoblogceo:20200217204356j:plain

第一滝本館は創業以来から絶えることのない豊富な湯があり、35の湯舟と7つの泉質の異なった源泉を楽しむことができることから登別温泉の中でも一番人気の温泉旅館となっています。広い大浴場からは大自然の素晴らしい景色を臨むことが出来るうえ、登別温泉一番の名所である地獄谷を眺めることができるため、温泉だけでも宿泊する価値があります。

豊富な温泉と素晴らしい景色を見れることで有名な第一滝本館は一泊2名で約2万円ほどから宿泊することができ、登別温泉内でもこの値段でここまで贅沢をすることができる温泉旅館はないので、一度は宿泊すべき旅館でしょう。

 

宿泊料金:大人2名/税込26400円~ (夕朝食付き)

 

滝乃家

f:id:aoblogceo:20200413221337j:image

滝乃家は登別温泉の中でも有名な高級旅館です。1泊一人28000円からとお財布には厳しいですが、お部屋はとても高級感のある和室となっており、さらに温泉は視界を遮るものはないにもない見渡す限りの自然を眺めながら入浴することができ、とても心癒される空間となっています。

食事は美しい景色を眺めながら専用の個室で食事をすることができ、とても贅沢な時間を過ごすことができます。

パトナーや大切な方と特別な時間を過ごしたいという方には特におすすめする温泉旅館です。

 

宿泊料金:大人2名/税込61600円~ (夕朝食付き)

 

祝いの宿・登別グランドホテル

f:id:aoblogceo:20200217205254j:plain

登別グランドホテルは和室、洋室、和洋室を完備した一般的なゆとりのある温泉ホテルとなっています。

温泉は露天風呂や大浴場がありますが、中でも大浴場のローマ風呂は天井をドーム型にした少し変わった造りになっており、景色や温泉と一緒にローマで入浴しているかのような錯覚に陥ります。

食事も食の宝庫である北海道の具材をふんだんに使った料理で、特に新鮮な海の幸を使った料理は絶品です。

登別温泉の中では一泊あたり宿泊料金も安く、一人一泊5000円ほどから宿泊することができるので、登別温泉で一泊温泉を楽しみたいという方に特におすすめの温泉宿です。

 

宿泊料金:大人2名/税込11400円~ (朝食付き)

 

石水邸

石水邸は登別温泉の高台に位置する温泉旅館で、高台から大自然を眺めながら入浴できる空中露天風呂・空中大浴場が当館の自慢となっています。

また家族連れでも楽しめる貸切風呂や貸切の岩盤浴もあり、家族やカップル、友達ととても特別な時間を過ごすことができます。

お部屋は一般的な和室や洋室からマッサージチェア付きのリラクゼーションルームなど、心も体も癒すのに最高の温泉旅館となっています。

札幌駅や新千歳空港から送迎バスが出ているので、移動は非常に楽な温泉旅館です。

 

宿泊料金:大人1名/税込7700円〜  (夕朝食付き)

 

望楼NOGUCHI登別

f:id:aoblogceo:20200217205354j:plain

望楼NOGUCHI登別は登別温泉の中でも比較的新しくできた温泉宿ですが、この宿の内装は西洋的なデザインと和の趣が融合したものとなっており、まるでリゾート地に宿泊しているかのような雰囲気を味わえる温泉旅館となっています。

料理は北海道の旬のものをふんだんに使っており、とても贅沢な会席料理を楽しめます。堀こたつの小上がり席や眺めの良いテーブル席があり、それぞれ個室になっているので、パートナーや大切な方ととても優雅な時間を過ごすことができます。

宿泊料金は高く簡単に手を出せる金額ではありませんが、大切な方と優雅な時間を過ごしたいというときにおすすめの旅館です。

 

宿泊料金:2名/税込66740円~ (夕朝食付き)

 

4.温泉地周辺の人気の観光スポット5選   

地獄谷

f:id:aoblogceo:20200413183154j:image

地獄谷は登別温泉周辺で、必ず行くべき観光スポットと言えます。地獄谷は、日和山の噴火活動でできた火口跡で、直径450mの巨大な火口跡です。谷にはたくさんの湧出口や噴気孔があり、泡をたてて、ぶくぶくとした音を風景として見ることができ、このような風景が地獄谷の名前の由来になったと言われています。

また、地獄谷からは多種類の温泉が1日1万トン以上湧出されており、このような谷を間近で見ることができるのは日本でも数少ないので、とても貴重な体験をすることができます。

温泉街の中心から歩いて10分ほどで行くことができるのも魅力的です。

 

アクセス:登別温泉バスターミナルから徒歩10分

 

大湯沼

f:id:aoblogceo:20200413183648j:image

地獄谷の前の道をさらに登ったところに大湯沼があります。大湯沼は日和山の火口跡にある周囲1㎞の巨大な沼で、温泉成分がたくさん含まれているため、濃いグレーの色をしているのが特徴的です。

沼の最高温度は130度ほどで、硫黄の香りを漂わせながら、白い湯煙がモクモクと上がる姿に自然のパワーを肌で感じることができます。

 

アクセス:登別温泉バスターミナルから徒歩30分

 

大湯沼川天然足湯

f:id:aoblogceo:20200413184100j:image

登別の硫黄の含まれた濃い源泉を足湯で楽しむことができるのがこの大湯沼川天然足湯です。

大湯沼川探勝歩道にある自然の岩場が足湯スペースとして設けられており、そこに流れてくる源泉をそのまま足をつけることができるので、夏休みなどの観光シーズンはとても賑わっています。

秋や冬の時期には川沿いが紅葉や雪景色となり、足湯に浸かりながら登別の素晴らしい自然の景色を眺めることができます。

地獄谷や大湯沼などを観光した後に、多少の疲れを癒しに足湯を楽しんでみるのをおすすめします。

 

アクセス:登別駅から車で13分、徒歩で25分

 

のぼりべつクマ牧場

f:id:aoblogceo:20200415090153j:image

登別温泉で、子供から大人まで楽しめる場所といえば、のぼりべつクマ牧場でしょう。

ここでは約100頭のヒグマが飼育されており、迫力のあるヒグマの様子を間近で見ることができます。

大人のヒグマは迫力があり、見物するのはとても楽しいですが、中には子熊エリアも存在し、可愛い子熊たちの様子も観察することもできます。

さらに、のぼりべつクマ牧場への唯一の交通手段であるロープウェイは高低差約300mを一気に駆け上がるため、ロープウェイから見える北海道の山の景色はとても素晴らしいものとなっており、ロープウェイ自体が一つの観光スポットになっています。

 

営業時間:(4月~6月)は8時30分から16時30分 入園終了時間は15時50分

     (7月~9月)は8時から17時 入園終了時間は16時20分

     (10月~1月)は8時30分から16時30分 入園終了時間は15時50分

     (2月~3月)は8時30分から16時 入園終了時間は15時20分

アクセス:登別東ICから約10分、温泉街から無料のシャトルバスで約15分

入園料金:大人2650円、小人(4歳~小学校6年生)1350円、3歳以下無料

 

登別伊達時代村

f:id:aoblogceo:20200415000514j:image

登別伊達時代村は、伊達政宗が統治した仙台藩の時代の建物などを再現したものが数多く立ち並んでいる江戸時代にタイムスリップしたかのような場所です。

登別伊達時代村の中にある忍者かすみ屋敷や日本伝統文化劇場、大江戸劇場ではアクションやコメディを観ることが出来るうえ、江戸屋・体験道場ではこけしやこまの絵付けなどの伝統工芸や弓矢術、手裏剣などの忍者のような遊びなんかも体験することができます。

さらには刀資料館や忍者資料館などの施設もあり、江戸時代に歴史について深く学べる施設が設けられているため、子供を連れている家族連れの方でも楽しめる場所となっています。

 

営業時間:(4月~10月)9時から17時、(11月~3月)9時から16時

定休日:年中無休

入村料金:大人2900円、子供(小学生)1600円、幼児(4歳から未就学児)600円

駐車料金:乗用車500円、オートバイ200円

 

5.日帰り入浴におすすめの浴場3選

第一滝本館

f:id:aoblogceo:20200415070653j:image

第一滝本館は登別温泉で一番人気の温泉宿として有名ですが、日帰り入浴でもとても人気がある温泉旅館です。

第一滝本館には先程紹介したように、35の湯舟と7つの泉質を外の自然の景観を眺めながら楽しむことができるため、日帰り入浴でも十分贅沢な時間を過ごすことができます。

さらに第一滝本館には有名なレストランがあり、日帰りの入浴料金にプラス500円払うと1000円分の食事券をもらうことができ、食事も温泉も楽しむことができるお得な日帰りプランなので、活用しない手はありません。

 

入浴料金:大人2000円、子供1000円

夢元・さぎり湯

f:id:aoblogceo:20200415070702j:image

夢元・さぎり湯は登別温泉の中でも比較的安い料金で日帰り入浴をすることができるため、登別温泉内でとても人気のある入浴施設の一つです。

さらに夢元・さぎり湯は100%源泉かけ流しのお湯を利用しているため、館内にある2種類の大浴場で、登別の硫黄成分が含まれた濃い温泉を楽しむことができます。

入浴だけでの利用も可能ですが、少しゆっくりしていきたいという方は一日券というものを購入すると有料の休憩所を利用することができるので、一日券利用はとてもおすすめです。

 

アクセス:登別駅からバスと徒歩で約20分

入浴料金:入浴のみの場合大人420円、子供180円

     一日券利用の場合大人650円、子供300円

新登別温泉・旅館四季

新登別・旅館四季は登別温泉内では比較的小さな宿であり、山の中にある少し目立ちにくい温泉宿ではありますが、その分とても落ち着いた空間となっており、温泉情緒あふれる雰囲気になっています。

ここのお湯は登別温泉の中でも硫黄の香りが最も強い温泉と言われており、お湯の温度もとても熱くなっているので、源泉に入浴しているという感覚を一番感じることができるお湯です。

値段も大人一人500円からと登別温泉内では比較的リーズナブルな値段で入浴することができるので、一人でのんびり日帰りで温泉に浸かりたいという方には特におすすめです。

 

入浴料金:大人500円、小学生400円、幼児無料

 

6.おまけ

ここでは登別温泉に訪れる際におすすめするグルメを紹介します!

温泉市場

f:id:aoblogceo:20200415070931j:image

温泉市場は、地元の登別漁港で水揚げされた新鮮な魚介類を味わうことができるお店です。

登別の名物とも言われる「地獄のかにめし」に加え、鮮度抜群のお寿司や登別産のぼたん海老、ホタテなど北海道の海の幸をお腹いっぱい食べることができます。

さらに、ご当地グルメでもある閻魔やきそばを食べることもできるため北海道のグルメを登別で満喫するなら温泉市場で間違いなしです!

7.最後に

登別温泉は、まず温泉が本当に素晴らしく9種類もの泉質があるため、それぞれの温泉宿で異なった泉質の温泉が楽しめるため、何回訪れても飽きない温泉地です。

さらに周辺には地獄谷や大湯沼、鉄泉池などの自然がもたらす素晴らしい景色を堪能できる観光スポットや家族、カップルで楽しめるのぼりべつクマ牧場や登別伊達時代村などの観光スポットがあり、訪れる観光客を満足させることができる最高の温泉地です。

ぜひ北海道を訪れる際は登別温泉にも足を運んでみてください。

 

 

 

 ↓ブログ村のランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

↓他の温泉地に興味のある方はこちらから

www.aoblog02.com

www.aoblog02.com

www.aoblog02.com

www.aoblog02.com