Ta.aoblog

国内・海外問わず幅広い層の方に役立つ旅行ブログ

【2泊3日の銀山温泉旅行】銀山温泉一番人気の宿の感想や温泉街の景色、観光情報を写真を使ってご紹介!

銀山温泉宿泊記!銀山温泉の魅力を写真を使って紹介していきます!

f:id:aoblogceo:20200326120516j:image

春休みシーズンもいよいよ大詰めの3月23日~3月25日で、一生に一度は行くべきと言われる銀山温泉に行きました!

個人的に東北がとても好きで、久しぶりに旅行したいと思っていました。さらに銀山温泉はテレビや雑誌、SNSで写真などがたくさん掲載されており、「うわ、いきてー!」と思い、今回ようやく行くことができました!

銀山温泉は、山形県・東北を代表する温泉地で、レトロな街並みやその街並みと一緒に映る四季折々の景色は、SNSやテレビで見た写真よりも素晴らしく、さらに雪景色とともに映る街並みには心から感動しました。

東京から新幹線、バスを乗り継いで約3時間半で行くことができるアクセスの良さもとても魅力的です。

今回はそんな銀山温泉を写真とともに紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

1.今回の旅行でかかった費用

宿泊費:41000円

交通費:26400円

観光費:0円

食事代:3110円

お土産代1890円

合計:71120円

 

今回の旅行では、銀山温泉を贅沢に満喫したいと思い、それなりにランクの高いホテルを予約したため宿泊費は少し高いです。しかし、銀山温泉は5分から10分ほどで回れる街並みが有名な場所なので、食事代などにはお金がかかりますが、お金のかかる観光スポットはないため、宿泊代にはそれなりにお金をかけても良い気がします。

 

移動では、往復とも山形新幹線の指定席を利用しました。指定席を利用したため、往復26400円かかっていますが、自由席を利用すれば約23000円ほどで行くことができます。

銀山温泉までは飛行機よりも新幹線の方が安く行くことができるので、新幹線を利用して行くことをおすすめします。

f:id:aoblogceo:20200326214653j:image

 

2.銀山温泉へのアクセス

 銀山温泉へは東京から山形新幹線を利用し、銀山温泉の最寄り駅である大石田駅で下車。大石田駅から宿が運送している無料送迎バスに乗るか、市営バスを利用して銀山温泉に行くのが一般的です。(自分も新幹線と宿泊先の無料送迎バスを利用し、銀山温泉まで行きました)

他にも高速バスや飛行機を利用して銀山温泉に行く方法はありますが、値段や時間などの総合的な観点からみると、新幹線を利用して行くのが一番妥当だと思います。

所要時間は東京から大石田駅までが新幹線で約3時間15分。大石田駅から銀山温泉までバスで約30分の合計4時間で到着しました。

(大石田駅)

f:id:aoblogceo:20200329224657j:image

 

3.温泉街の景色や雰囲気

銀山温泉は一生に一度は行きたいと言われる温泉地。

本当に素晴らしい景色を見ることができました!

 

(初日の景色)

f:id:aoblogceo:20200326215041j:image


f:id:aoblogceo:20200326215025j:image


f:id:aoblogceo:20200326215104j:image

初日は雲一つない青空に見舞われ、春の訪れを感じる銀山温泉を見ることができましたが…

 

 

翌日なんと…

 

 

 

まさかの雪(笑)

東北の山の天気を完全になめてました。

f:id:aoblogceo:20200326224429j:image

 

 

 

ただ雪は溶けるのも早かったため、屋根にはたくさん雪が積もっている状態ではありましたが、銀山温泉街の道や橋は全然問題なく歩けました。


f:id:aoblogceo:20200326224421j:image

 

 

銀山温泉はまた夜の景色も素晴らしく、大正時代にタイムスリップしたかのような感覚に陥ります。

確かに「千と千尋の神隠し」の舞台にもなってもおかしくない、本当に素晴らしい景色です。

f:id:aoblogceo:20200328165859j:image


f:id:aoblogceo:20200328165849j:image

 

今では滅多に見ることができないガス灯をここでは見ることができます!

f:id:aoblogceo:20200328170028j:image

 

 

そして旅行最終日。

この日も朝雪が降っていました。寒くて寝れなかったので、銀山温泉の中心街に行ってみると…

f:id:aoblogceo:20200328165501j:image


f:id:aoblogceo:20200328165737j:image


f:id:aoblogceo:20200328165620j:image


f:id:aoblogceo:20200328165651j:image

まだ雪が積もった状態の銀山温泉。

あまりの素晴らしさに言葉が出ません。

3月も終わりの時期に行ったにもかかわらず、雪景色に夜景と様々な銀山温泉を見ることができて幸せです!

 

 

この写真を撮った場所の周辺は足湯ができる場所がいくつか設けられています。

銀山温泉に訪れたら、この足湯に入りながら景色を楽しむのもアリですね!
f:id:aoblogceo:20200328165721j:image

 

 

4.宿泊した仙峡の宿・銀山荘

宿泊した仙峡の宿・銀山荘は、銀山温泉にある宿の中でも最も人気のある旅館の一つのため、数か月前から予約をしておきました。

そもそも銀山温泉は、温泉街自体があまり大きくないため、宿の数が少ないので予定を立てて早めに予約をしておくことをおすすめします。

 

今回宿泊したお部屋。

部屋が広いのもそうですが、なんと今回は露天風呂付きの客室を選びました!

今考えると「結構贅沢したなー」と感じています。(笑)

f:id:aoblogceo:20200329185520j:image

 

 

 

部屋の露天風呂はこんな感じ。

窓を開けると晴天の景色、雪景色を眺めることができる最高のロケーションです!

f:id:aoblogceo:20200330162120j:image


f:id:aoblogceo:20200330183840j:image

 

f:id:aoblogceo:20200330183018j:image

 

 

 

初日は天気が良かったので、部屋の露天風呂でビールも頂いちゃいました(笑)
f:id:aoblogceo:20200330162113j:image

 

 

 

そして夜ご飯。

仙峡の宿・銀山荘は料理がとても美味しいと評判の良い宿です。

実際とても美味しく、一人では食べきれないほどの料理が出てきました。

(初日の夜ご飯)

f:id:aoblogceo:20200330185013j:image

銀山温泉の地元尾花沢牛のステーキや酒粕鍋、お刺身など、とても満足できる食事でした!

 

さらにこの宿では、山形県のブランド米でもある「つや姫」がおかわり自由なので、白米好きには最高です。

 

(2日目の夜ご飯)

f:id:aoblogceo:20200330235745j:image

2日目の夜ご飯は、山形県産の黒毛和牛のしゃぶしゃぶに、マグロやフグのお刺身、鰤のかま焼き、鯉の甘露煮など初日に比べとても豪華な料理を頂きました!ただとても量が多いため、昼ご飯は少なめにするなどの対策は必要です。(笑)

 

今まで見たことないくらい大きいこのブリのかま焼きは、脂がのっていて本当においしかったです!

(ぶりのかま焼き)
f:id:aoblogceo:20200330201347j:image

 

 

少し汚れていて申し訳ないですが、これが2日目の夜ご飯の献立です。

とても満足できる豪華な料理でした!

f:id:aoblogceo:20200330205031j:image

 

 

朝ご飯は写真を撮るのを忘れてしまいました。

朝ご飯も種類が豊富で、とても美味しかったです!

 

 

安い値段で宿泊できる宿ではありませんが、料理はとても豪華で、部屋は広く、露天風呂も付いていて本当に贅沢に過ごすことができます。

銀山温泉で宿探しに困ったら仙峡の宿・銀山荘を検討してください!

 

5.銀山温泉のグルメ

ここでは自分が実際食べた銀山温泉のグルメを紹介します!

銀山温泉はレトロな街並みで人気のある温泉地ではありますが、自分が思っていた以上に意外と数多くのグルメも存在する場所ですので、皆さんに紹介していきます。

 

 

まずは銀山温泉のちょうど中心に位置する「古勢起屋別館」の1階にあるスワローネというお店です。

このお店は銀山カレーと紅花ライスの2つのメニューがあり、今回は銀山カレーを食べました。地元尾花沢牛を使ったビーフカレーで、甘さもあれば辛さもある、とても美味しいカレーライスでした!

皆さんも食べてみてください!

f:id:aoblogceo:20200330232620j:image

価格:1380円

 

 

 

銀山温泉の入り口にある「野川とうふや」さんで、豆腐も食べました。揚げ豆腐の上に醤油がかかっているシンプルなものではありますが、この豆腐屋さんの前に足湯できる場所があり、足湯しながらの揚げ豆腐を食べれたので最高でした!

皆さんにも足湯に入りながらの揚げ豆腐をおすすめします!

f:id:aoblogceo:20200331011231j:image

価格:220円

 

 

そして最後に自分が食べたのは、「はいからさんのカリーパン」のカレーパンです。

外側がとてもサクサクで、中にはスパイスの効いたカレーが入っていて、冷めてても美味しいカレーパンでした。

サイズもちょうど良く、片手に持ちながら銀山温泉をぶらぶらできるので、ぜひ銀山温泉を歩きながら食べてみてください!

f:id:aoblogceo:20200331001027p:image

価格:230円

 

 

他にも、お蕎麦屋さんやカフェもあったのですが、すでにお腹いっぱいだったので行くことはできませんでした。(笑)

また次回訪れる時に、行きたいと思います。

 

6.おまけ

ここでは自分が新幹線で食べた駅弁を紹介します。

 

自分が食べた駅弁は、青森県で明治25年に創業された老舗の弁当屋さんである吉田屋の「こぼれイクラととろサーモンハラス焼き弁当」です!

白米の上に脂ののった青森県産の鮭に三陸産のイクラものっているというとても豪華なつくりのお弁当で、ご飯がとてもすすむ贅沢な駅弁です。値段は税込1280円と少し値段の高い駅弁ではありますが、期待を裏切らない最高のお弁当になっていますのでどこか旅行に出かける際には必ず食べてほしい駅弁です。

全国から駅弁が集まる東京駅の駅弁屋「祭」で、人気ランキング2位の実力のある駅弁のため、売り切れることが多いので、朝のうちに購入しておくことが必要でしょう。

f:id:aoblogceo:20200329224122j:image

 

最後に

このような感じで銀山温泉を堪能してきました。銀山温泉はアクセスが良く、東京から約3時間半で行くことができてしまうため、1泊2日での旅行や日帰りでもとても人気がある温泉地です。銀山温泉のレトロな街並み以外、近くに観光スポットはないため、1時間あれば、街並みを散策したり、入浴もできるので、十分楽しめます。

 

ただ自分が今回実際に銀山温泉に行った感想は、たとえ銀山温泉が日帰りなどで楽しめたとしても2泊3日くらいの旅行で、贅沢に優雅に銀山温泉を楽しんだ方が良いように感じました。銀山温泉は何度も言ってるようにレトロな街並みが有名ですが、温泉自体も素晴らしいもので、泉質がナトリウム塩化物・硫酸塩温泉の無色透明の温泉で、多少硫黄の匂いがしますが、ほとんど気になりません。また、効能が非常に豊富で、皮膚病や動脈硬化症、神経痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、冷え性、疲労回復、健康増進となっており、特に自分はこの冬足の冷えにとても困っていましたが、今回銀山温泉で入浴した後は足の冷えが全く気にならなくなりました。

 

そして温泉も素晴らしいですが、なんといっても銀山温泉は景色が素晴らしい。特に夜の景色や雪が降った後は、本当に息を飲むほどの美しさ。ここまで景色が美しい温泉地は日本中どこを探してもないと思うので、銀山温泉はあの景色を見に行くだけでも価値があります。

皆さんも機会がありましたらぜひ銀山温泉に足を運んでみてください。この記事があなたのお役に立てたら幸いです。ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

ブログ村のランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

↓温泉関連の記事はこちらから

 

aoblogceo.hatenablog.com

aoblogceo.hatenablog.com

aoblogceo.hatenablog.com

aoblogceo.hatenablog.com