Ta.aoblog

国内・海外問わず幅広い層の方に役立つ旅行ブログ

千年の歴史を刻む湯の里!鳴子温泉郷の魅力

鳴子温泉郷の魅力

f:id:aoblogceo:20200318024150j:image

鳴子温泉、東鳴子温泉、川渡温泉、中山平温泉、鬼首温泉の5つの温泉地からなる鳴子温泉郷は、千年以上の歴史を誇る宮城県内でもとても人気のある温泉地として知られています。

そして鳴子温泉郷は、福島県の飯坂温泉、宮城県の秋保温泉とともに奥州三名湯の一つに数えられています。

さらに鳴子温泉郷は1300円の湯めぐりチケットを買うと様々な泉質の温泉が楽しめることから日帰りで観光に来る方もとても増えている温泉地です。

今回はそんな鳴子温泉の様々な魅力を紹介していきます。

 

目次

   

 

 

魅力1.泉質の良さと効能の豊富さ

鳴子温泉郷は、日本の温泉に存在する11種類ある泉質のうち、9種類の泉質を持っているとても貴重な温泉です。

 硫黄泉や食塩泉、酸性泉、含鉄泉、単純泉などの泉質があり、神経痛や筋肉痛、関節痛、慢性皮膚病、冷え性、疲労回復、健康増進などの効能を持つ健康にとても良い温泉です。

鳴子温泉郷の5つの温泉地で、それぞれ持っている泉質や効能が異なるので、5つそれぞれの泉質を楽しんでみるのもアリだと思います。

 

魅力2.周辺にはたくさんの観光スポット

鳴子温泉郷は大自然に囲まれた場所に位置するため、温泉以外にも四季折々の景色を楽しめる絶景スポットや観光スポットがたくさん存在します。ここでは温泉地周辺の観光スポットを3つほど紹介していきます。

1.鳴子峡

f:id:aoblogceo:20200318024206j:image

鳴子温泉郷の中山平温泉の近くに、約2.6㎞に及ぶ巨大な峡谷があります。それが鳴子峡です。

様々な岩石が連なる姿もはもちろん見事ですが、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色など、季節によって異なる素晴らしい景色を眺めることができるのが鳴子峡の楽しみの一つです。

鳴子温泉に訪れた際は、この鳴子峡にも訪れてみてください。

 

2.潟沼

f:id:aoblogceo:20200318024209j:image

潟沼は上野々スキー場近くにあるカルデラ湖であり、日本有数の強酸性湖として知られています。

綺麗なブルーの色をした湖は、晴れた日には最高の景色となり、さらに温度や気候によって色が変わる湖の姿もとても神秘的で素晴らしい景色です。

ただ冬の時期は閉鎖されてしまうので、注意しながら訪れてみてください。

 

3.鳴子ダム

f:id:aoblogceo:20200318024234j:image

鳴子ダムは、高さ95m、幅215mの巨大なダムで、日本で最初に造られたアーチ式のダムです。

このダムは山々に囲まれているので、ダムの両側に夏の新緑、秋の紅葉と季節によって様々な景色を眺めることができます。

晴れた日には新緑や紅葉が湖面に映り、とてもきれいで自然の素晴らしさを実感できます。

素晴らしい夕日を眺めることができるので、夕暮れ時に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

魅力3.人気のある宿がたくさん

鳴子温泉郷は、歴史ある温泉地であるためたくさんの人気旅館や有名旅館が存在します。

ここではたくさんある宿の中から厳選して3つほど紹介してきます。

1.鳴子温泉・名湯の宿・鳴子ホテル

f:id:aoblogceo:20200318024627j:image

鳴子温泉・名湯の宿・鳴子ホテルは、創業140年を超える老舗旅館です。様々な色に変化する源泉かけ流しの温泉が特徴的で、さらに宿泊プランの豊富さから鳴子温泉内でも一番に人気の温泉旅館です。

 

2.鳴子温泉・湯元・吉祥

f:id:aoblogceo:20200318024635j:image

鳴子温泉・湯元・吉祥は、客室から鳴子温泉の絶景を堪能することができ、温泉だけでなく、客室から四季折々の素晴らしい景色を楽しめます。

食事は奥州の山の幸や仙台港にあがった海の幸と地元の食材をふんだんに使っており、郷土の味覚を楽しめます。

 

3.鳴子温泉・鳴子風雅

f:id:aoblogceo:20200318024646j:image

鳴子温泉・鳴子風雅は、大人のための隠れ家的な空間を創り出している素晴らしい旅館です。

館内はとても静かで、のびのびゆっくりと過ごせる環境が整っており、鳴子温泉でとにかく温泉につかってゆっくりしたいという方には最高の旅館と言えます。

 

魅力4.首都圏からのアクセスの良さ

鳴子温泉郷は首都圏からのアクセスがとても良い場所です。

東京駅から東北新幹線を利用して古川駅で下車。その後古川駅から在来線に乗車し、鳴子温泉駅で下車し、到着です。東京駅から鳴子温泉駅までかかる時間は約3時間なので、首都圏からのアクセスがとても良いと言えます。さらに東京駅から鳴子温泉駅まで乗り換えが1回しかないので、移動がとても楽に感じます。

 

魅力5.1泊2日でも旅行可能

社会人の方は特に気になる土日の1泊2日で旅行に行けるかどうかですが、鳴子温泉は1泊2日で簡単に旅行できると思います。

温泉地周辺にたくさんの観光スポットや絶景スポットがあり、なにより首都圏からのアクセスがとても良いので、1泊2日でも十分に鳴子温泉郷を堪能することができます。

1泊2日でも十分鳴子温泉を楽しめますが、日程に余裕がある方は2泊3日で旅行できるくらいの予定を開けておいた方が鳴子温泉周辺だけでなく仙台などの観光もできるので、2泊3日の鳴子温泉旅行もおすすめです。

 

鳴子温泉郷についてのまとめ

鳴子温泉郷は首都圏から最も立地の良い東北の温泉地の一つでもあるため、とても人気がある温泉地です。

温泉だけでなく、近くの観光スポットや共同浴場なども楽しむことができるので、どこかに温泉旅行に行きたいなと思っているはぜひ鳴子温泉に訪れてみてください。

 

 

↓ブログ村のランキングに参加しています。 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

以前書かせていただいた旅行関連の記事です。

こちらもぜひチェックしてみてください。

よろしくお願いします。

 

aoblogceo.hatenablog.com

aoblogceo.hatenablog.com

aoblogceo.hatenablog.com

aoblogceo.hatenablog.com