Ta.aoblog

国内・海外問わず幅広い層の方に役立つ旅行ブログ

山口県を代表する名湯!長門湯本温泉を紹介

長門湯本温泉

f:id:aoblogceo:20200315011832j:image

長門湯本温泉は山口県を代表する温泉地として知られており、室町時代に開湯したと言われるとても歴史ある温泉です。

今回は江戸時代に多くの藩主も訪れたと言われる長門湯本温泉の詳細やアクセス、温泉地周辺の観光スポットや名物、そして社会人の方が気になる1泊2日でも旅行できるのかなど、長門湯本温泉について詳しく解説していきます。

 

目次

 

 

 

 

 

・長門湯本温泉の泉質や効能

長門湯本温泉の泉質はアルカリ性単純温泉となっており、効能は神経痛筋肉痛関節痛疲労回復健康増進など、体にとても良い温泉となっています。

さらに長門湯本温泉は肌に優しい柔らかな感触で、成分が化粧水に似ているとも言われており、入浴すれば3歳若返るという美肌効果があることから「美肌の湯」と呼ばれています。

温泉旅館で温泉を楽しむこともできますが、周辺には足湯スポットや立ち寄り湯などもあり、温泉旅館以外でも温泉を楽しむことができます。

 

・主要都市からのアクセス

東京などの関東圏にお住まいの方は飛行機を利用することをおすすめします。

羽田空港から飛行機を利用して長門湯本温泉まで約3時間半で、行くことができます。それに対し、東京から新幹線を利用して行くとなると6時間以上かかるので、よほどのことがない限りは飛行機を利用して行くことになると思います。

 

関西圏にお住まいの方は新幹線を利用して行くことをおすすめします。

関西圏からは新幹線を利用して約3時間半で長門湯本温泉に行くことができるので、関西圏からはアクセスの良い温泉地ともい言えます。

 

関東圏にお住まいの方は新幹線を利用すると6時間以上かかり飛行機を利用しないといけないので、アクセスが良いとはあまり言えませんが、関西圏や九州などにお住まいの方は新幹線で2時間~3時間半で行くことができるので、とてもおすすめな温泉地です。


・温泉地周辺の観光スポット3選

観光スポット

1.元乃隅神社

f:id:aoblogceo:20200315011848j:image

元乃隅神社は、1987年から10年間で123基もの赤い鳥居が奉納され、100mに渡って赤い鳥居が立ち並んでいる印象的なパワースポットとしても知られています。

さらに高さ6mの大鳥居上部にある賽銭箱も名物の一つと言われています。

近くには日本海の景色を堪能できる千畳敷もあるため、千畳敷に行く前に元乃隅神社にふらっと立ち寄ってみるのもアリだと思います。

 

2.青海島

f:id:aoblogceo:20200315011856j:image

「青海島」は、北長門海岸国定公園の代表的な景勝地として知られており、日本海の波を浴びて浸食された断崖絶壁の崖や岩礁が16㎞に渡って続いており、別名「海上アルプス」とも呼ばれています。

海水浴場やキャンプ場もあり、夏はとても楽しめる場所になっているので、温泉ととも青海島を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

3.千畳敷

f:id:aoblogceo:20200315011907j:image

千畳敷は、標高333mの高台にある草原の地で、日本海の海上アルプスとも呼ばれる青海島や眼下に広がる日本海の美しい景色を眺めることができます。

長門湯本温泉でゆったり温泉や観光を楽しみたいという方は、千畳敷に行くのが一番良いのかなと思います。


・1泊2日でも旅行できるのか?

社会人の方は長い休みが取りずらいため、土日休みでどこか行ける温泉地はないか考えると思います。

結論から言うと、長門湯本温泉に1泊2日で行くのは少し難しいように感じます。

九州や山口県近隣の県にお住まいの方などは1泊2日でも十分に楽しめると思いますが、関西圏や関東圏にお住まいの方は移動で3時間半以上かかると考えると1泊2日では足りないような気がします。

温泉に入るだけなら1泊2日でも楽しめるかもしれませんが、やはり温泉地周辺の観光スポットだったり、名物を食べたりなどしたいと思いますので、長門湯本温泉に行く場合は2泊3日で行けるくらいの日程を開けておくべきでしょう。

 

・人気の温泉旅館3選

長門湯本温泉には有名な老舗温泉宿が数多く存在し、どこの温泉宿に泊まればいいか困っている方も大勢いると思います。

ここでは長門湯本温泉のおすすめの宿を3つ紹介していきます。

 

1.大谷山荘

f:id:aoblogceo:20200315011915j:image

「大谷山荘」は、創業1881年(明治14年)の老舗旅館で、豊かな自然に囲まれ四季折々の風景を眺めることができる温泉旅館としてとても人気があります。

「せせらぎの湯」「こもれびの湯」の2つの大浴場があるうえ、石材で造られた露天ぶろや檜風呂など、あわせて11種類のお風呂が用意されており、長門湯本温泉を存分に堪能することができます。

5種類のタイプのお部屋を選ぶことが出来るうえ、川床で食事をできるプランなどの非日常を味わうことができる温泉旅館でもありますので、長門湯本温泉で一番おすすめの温泉旅館です。

 

2.玉仙閣

f:id:aoblogceo:20200315011920j:image

「玉仙閣」は、長門湯本温泉に入浴したと言われる絶世の美女、楊貴妃をテーマにした旅館です。

実際に楊貴妃が入浴したとされるお風呂を原寸大で再現した「貴妃湯」は玉仙閣の代表的なお風呂で、このお風呂を目当てに各地から多く観光客が訪れています。

さらに「貴妃湯」は、浴槽の深さ120㎝で、立ったまま温泉につかるという珍しいタイプの温泉で少し変わった体験をしたいという方にとてもおすすめです。

楊貴妃が入浴した温泉だけあって美肌効果も抜群な温泉なので、女性の方には特におすすめの温泉旅館です。

 

3.ホテル西京

f:id:aoblogceo:20200315011951j:image

「ホテル西京」は、ボーリング場やカラオケボックス、月替わりのショーを鑑賞できるなど、娯楽設備がとても充実している温泉旅館として知られています。

さらに温泉は、広々とした大浴場をはじめ、2種類の露天風呂、さらに貸切風呂もあり、アルカリ単純泉のつるりとした美肌温泉をカップルや夫婦で楽しむことができます。

さらに開放的な露天風呂からは、きれいな星空を見ることもでき、自然を感じながらくつろぐこともできます。

温泉も娯楽も楽しめる旅館をお探しでしたらホテル西京で間違いありません。


・長門湯本温泉についてのまとめ

長門湯本温泉は、かつて楊貴妃も入浴をしたと言われるほど歴史ある温泉地です。そのため美肌の湯としても知られている長門湯本温泉は周辺にはたくさんの観光スポットもあり、最高の温泉地と言えます。

仕事で疲れた体に、歴史ある長門湯本温泉を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 ↓ブログ村のランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

以前書かせていただいた旅行関連の記事です。

こちらもぜひチェックしてみてください。

よろしくお願いします。

 

aoblogceo.hatenablog.com

aoblogceo.hatenablog.com

aoblogceo.hatenablog.com

aoblogceo.hatenablog.com